「脱ゆとり」で教育は変わるのか? 「小中の35人学級、来年度から 『脱ゆとり』で文科省 」より

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819695E0E5E2E6998DE0E5E2EAE0E2E3E29180EAE2E2E2;n_cid=DSGGL001

文部科学省が本格的に、35人学級へ向けて始動しました。今までの40人学級から5人減ということになりますが、現状ではすでに30人学級体制やそれ以下という学校も多いようです。

この40人から35人に変わるということで何のメリットがあるのでしょうか?

この記事から見てみますと、「『脱ゆとり教育』で授業時数や指導内容が増えることなどに対応し、少人数学級できめ細かい指導を行う。」とあります。

ゆとり教育からの反動で、子どもたちに対してしっかり学習させなければならないという流れの中で、より教育の成果をあげようという方策の一つであるようです。

けれども、「人数」の話と「脱ゆとり教育」とはいささか話が食い違っているようにも思います。
一クラスの人数を変えることで脱ゆとり教育に対応しようというのは的外れのような気がしてならないのです。
極端に話すと、やり方一つで40人学級でも脱ゆとり教育の成果は向上するでしょうし、35人にしようと、30人学級にしようと脱ゆとり教育への解決にはならないということも往々にして言えます。

このことについて、同記事の最後に京都教育大大学院の教授も言っていますが、教育の柔軟性も現場に求められてきます。

けれどもそれ以上に重要なのは、教師の質です。

教師の質とはどんなことでしょうか? それは子どもの学習能力を向上させる手助けをする力だけでなく、子どもの全的成長を促す事ができる資質です。勉強だけが上手にできるようになる子どもを作るためには、塾で十分なのです。学校の存在など必要ありません。
けれども、先生たちは勉強の他に、一緒に遊び、生活習慣の模範となり、社会的規範の柱となります。

つまり、教師の質とは、 どれだけ子どもたちが社会に出たときに立派な大人として歩むことができるか、ということを真剣に考え、またそれに対するスキルを持ち得ているということです。

言い換えるならば、そのような資質が教師に備わっていなければ、また教育全体が備わっていなければ、35人学級や、ゆとり教育などと言っても全く効果は期待できないのです。

一つの学級の人数を小さくするということ自体は大変いいことだと思います。先生も目が届きやすいし、子どもたちも友達とのより深い関係づくりが期待されます。また、脱ゆとり教育として子どもたちにしっかり勉強を学ばせることも重要です。

一つ一つは重要であり、やるべきことなのですが、もっと根本的な、学校教育に対する、また教育全体に対する議論を深めていく必要があるのではないかと感じさせられます。

現在、団塊の世代の多くが退職を迎えています。記事に書かれているように、14年度からの5年間で4万人の教職員を増やす計画を打ち出しています。そのような中で、新しい先生たちの期待は大きくなるとともに、どのような教師が教壇に立つのかという不安も少なからずあります。今後、教師になろうとしている学生たち、社会人たちの教育力を上げることは必至ですし、それをサポートできる学校組織の柔軟性も必要です。

教育の問題というのは一朝一夕で解決するようなものでは当然ありませんが、子どもたちは日々成長していくということをしっかり踏まえて真剣に考える必要があるのではないかと思わされます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s